画像速報  峰集落再訪  
   


2010年4月30日 晴れときどき曇り

鳩ノ巣駅→川乗山登山道→峰集落→鳩ノ巣駅

26日に偶然訪問した廃村の峰集落を再訪した
登山道のアケボノスミレやフモトスミレも期待してでかけた

峰集落への登山道では やっとヒトリシズカが咲きだしていた

ヒトリシズカのアップ

峰集落に入る
傾斜地を平らに利用するために築かれた石垣

前回果たせなかった長者屋敷へ
何本もの巨木を配した敷地跡があった
 それは村全体を見渡せる高台にあった
廃屋は無く 福島家累代の墓のみがその痕跡を留めていた

屋敷の前方にこの4本の巨木があり

4本ともまっすぐに天を目指した樹勢盛んな巨木だ

ここで初めて人に逢った
若い3人のパーティで
 昼食をともにしながら在りし日の村の賑わいを語り合った
おひとりにお願いしてシャッターを押してもらった

屋敷の周りではいろんなスミレを期待していたのだが
タチツボとナガバノのみで ちょっと期待外れ
これもタチツボスミレかと思うのだが
葉っぱがカールして上向きだし
はなびらが桜のようにくぼみがある 

ズームしてみた
やはり タチツボスミレだろうか?


ちなみに こちらはごく普通のタチツボだ


葉っぱも花も普通のタチツボだ

そして 村の中心にやってきた
2本の神木がある 

見上げると 途中で合体している様が面白い
右の巨木は銀杏だそうだ
秋になると数知れないギンナンを落とす
いまでもこのギンナンを拾いにくる人たちがいると聞いた

この神社の扉は引き戸になっていてかんたんに開いた
中には参拝ノートが3冊とマジックペンあった
パラパラとめくってみたが、大学生が多いみたいだ
民俗学などに興味がある学生が訪れるのだろうか?
わたしも簡単なメモ書きをした

集落には さらに奥につづく道があり
10分ほど行ってみたが倒木や急斜面沿いで
かなりの悪路がつぎつぎ現れるので引き返すことにした

もうひとつ 村の中心から下がっていく道があり
これも20分ほど行ってみた
倒木はあるが悪路では無い
これが古里に向かう道と思われたが
今日は安全な道を帰ることにした


帰り道で タチツボを撮っていたら
向こうに葉っぱが上向きのスミレが見えた

地形の関係で 正面に出れないが
花のかたちもタチツボらしくない?

ズームしてみたら 髭も見える
これ 調査中です
どなたか教えていただけるとありがたいです

結局期待のアケボノスミレと斑入りフモトスミレは外れでした
今年は異変なのでしょうか?


でもでも 楽しい奥多摩分校ひとり遠足でした
いつの日か今一度 古里から集落への道を歩いてみたい




web拍手を送る
home