1.誕生の章




冬の間、たくさんの雪で覆われていた尾瀬ヶ原にもようやく春が巡ってきました。 深い根雪に包まれ一面真っ白だった尾瀬ヶ原に一筋の川が目覚め、 春の歌を歌いながら緩やかに雪原を流れ出すと、いつしか雪は溶け、 枯れ草に覆われた茶色い湿原は雪解け水に潤って、池塘も目を覚まします。




水芭蕉やリュウキンカの花が、清らかな流れに沿って咲き出して、 池塘に浮かぶ浮島に、かわいらしいショウジョウバカマの赤ちゃんがピンクの花を咲かせるころ、 池塘には、いくつもの小さな命が生まれます。




尾瀬ヶ原の片隅にある池塘“イモリの池”にも、 今年もたくさんの卵の中からオタマジャクシやヤゴたちが生まれました。 春生まれの子どもたちは、みんなお父さんもお母さんも知りません。 けれど、仲間たちがたくさんいるから寂しくはありません。



このイモリの池に長年住んでいるアカハライモリのイモンは、 毎年この時期に生まれてくるたくさんの子どもたちを見てきました。 イモンは、口から吹いた小さな泡を、小さな手で水をかき分けながら、 いくつもいくつもシャボン玉のように飛ばすのが上手でした。


子どもたちはいつもイモン の周りに集まっては、「ねぇ、 イモン、シャボン玉を飛ばし てよ!」とか、「ねぇ、ねぇ、 お父さんやお母さんのお話 を聞かせてよ」とせがむの でした。



イモンは、毎年、そんな風に子どもたちを見守ってきましたから、 今年の生まれの子どもたちのお父さんやお母さんが 子どもだった頃の事も良く知っていました。だからいつも子どもたちに、 外の世界のいろんなお話や、遠い昔話を聞かせてあげるのでした。 池塘の底は安全で、子どもたちは元気いっぱいにスクスクと育っていきました。 朝は池塘の さざ波が優しく揺らして起こしてくれたし、昼間は、 池塘の底を探検したり、さざ波がキラキラと外の光を送ってくれる度に、 水面に浮かびあがっては、青い空の色や、眩しい白い雲や、黄金色に輝く お日様の光を綺麗だなぁって眺めたりしました。




夜は池塘のさざ波が、水面に映るお月さまや、 星屑たちがさんざめく小さな光を集めては、 優しく子守唄を歌ってくれるのでした。そして池塘のさざ波は、 いつも、たくさんの子どもたちを優しく抱きしめながら、 『 あそべ、あそべ 』 とささやくのでした。




さて、このお話の主人公、ヤゴのスイとトトとララの兄弟は、 池塘の底で一緒に生まれた仲間たちと、いつも楽しく遊んでいました。 今年生まれのオタマジャクシのタマリンとは大の仲良しでした。 タマリンは、歌が上手で、いつも自慢の尻尾を可愛く揺らして泳ぎながら スイやトトやララに歌を教えてくれました。
ある日、タマリンの尻尾の付け根から、小さな足が生えてきました。そして次には、かわいらしい手が生えてきました。そして、だんだんと尻尾は小さくなって、タマリンの姿はいつの間にか美しいカエルに変っていきました。



ある晩、タマリンは、アカハライモリのイモンや、 スイとトトとララが眠っている池塘の底にやってきました。 『スイ、トト、ララ、そしてイモン、わたしは、今夜旅立つわ。 外の世界で仲間たちが待っている。』? 「ええ?行ってしまうの?もう、逢えないの?」 一番小さなララが目にいっぱい涙を溜めて聞きました。 『ううん、また、逢えるわよ。お月様の綺麗な晩は、 この池塘のヒツジグサの葉の上で、歌を歌ってあげるわ。』? 『タマリン、綺麗になったね。君のお母さんに良く似ているよ。 素敵な恋をして、また、この池塘に帰っておいで。』 アカハライモリのイモンが、優しくそう言いました。



月の光が煌々と射してくる美しい満月の晩でした。  タマリンは、スィーと、みんなの周りを泳いだ後、何度も振り返りながら、 キラキラと輝く月の水面へと消えていきました。 「行ってしまったね…」と、スイが呟きました。  「ボクも、早く月の水面の向こうに行きたいな!」と、トトが力強く言いました。 『そうだな、次はお前たちの番だな。』とイモンが言うと、 ララが不安そうに「わたし、行きたくないわ。」と言いました。 池塘のさざ波は、「さぁ、子どもたち、今夜はオヤスミ…」と やさしく子守唄を歌ってくれたのでした。



2.自立の章へ 

web拍手を送る